育毛剤の製造や販売に許可は必要か

育毛剤を製造する場合は許可が必要で、必ず安全性に関するチェックを受ける事が欠かせません。
また、販売する場合も同様で、無許可の製造販売を行えば罰せられる可能性があります。

しかし、これは商品として製造や販売を行う場合で、個人使用の育毛剤に関しては制限がないといえます。

販売目的の製造で、育毛剤に許可が必要な理由としては、健康に影響する商品である事、そして重大な問題に繋がるリスクが潜む点にあります。

外用の育毛剤であっても、肌や毛根から浸透させる必要がある以上は、安全性を確認する事が不可欠と考えられます。

責任の所在を明らかにする目的も存在するので、販売が前提の製造を行う時は、育毛商品としての認可を受ける事が求められます。

一方の個人用途では、自己責任として扱えるので、独自に育毛剤を製造して使っても問題にはなりません。

ただ、金銭の授受が行われなくても、他人に譲って本人以外が使う事があれば別の問題に発展します。

自己責任で解決出来るのは、あくまでも個人的な使用に限られるので、望まなくても誰かの手に渡る事はないように管理する必要があります。

いずれにしても、安全性が認められない成分の使用は、大きなリスクや期待したのとは違う結果に結び付く可能性が高まります。

市販の商品は厳格な仕組みの下、複数の検査工程と成分分析を経てから販売されているので、自家用の手作りとは違う品質があります。

万が一トラブルに発展しても、責任を負う事が出来るのは製造と販売者なので、なるべく安全性が不明な手作りは使用しない方が無難です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする