育毛剤を使うとヒリヒリする場合

育毛剤を使ってヒリヒリするのは、肌が強い刺激を受けている証拠です。

特にアルコールを配合したものに多く見られます。アルコールは使った時に爽快感を与えますが、長期的に使用すると少しずつ肌から吸収されて経皮毒の影響を全身に及ぼす恐れがあります。

角質層には皮脂膜という天然の保湿成分がありますが、アルコールはこれらのバリアを破壊することがあります。

特に頭皮が乾燥して敏感になっていると、皮脂膜が非常に薄くなっているのでアルコールの刺激を受けやすいです。

ヒリヒリして炎症やフケなどの症状が出た場合は、育毛剤の使用を中止します。

頭皮は28日周期でターンオーバーを行っていますが、アルコールによって角質が無理やり剥がされると、有効成分を吸収することが難しくなります。

頭皮と髪の毛に刺激の少ないアミノ酸系シャンプーでしばらくは頭皮環境を整え、ターンオーバーを正常に戻す必要があります。

肌に合わない育毛剤は何回使っても同じように炎症の原因となるため、アルコールを含まない無添加の商品に買い替えます。

新たに育毛剤を使う時は、直接頭皮に塗る前に二の腕でパッチテストを行います。

24時間~48時間で塗った場所で赤みや痒みが出なければ、頭皮に使っても安全である可能性が高いです。

ヒリヒリするのは血行が良くなったからだと言う人もいますが、無理をして使い続けると頭皮環境がさらに悪化して髪の毛が抜けやすく育たなくなるので、肌に優しいものを使います。

最近、酵素が良いという事でお風呂でも入浴剤を使っています。

本当言えば、最新の酵素風呂でポッカポカになりたいところなんですけどね・・・

実際の効果については、こちらでまとめていますので、参考にどうぞ → 酵素風呂 効果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする